チャリギョ!

「チャリンコ」行政書士の事件簿

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔し涙に嬉し涙。

2012.03.18 (Sun)


去年に引き続き、朝日ジュニア囲碁埼玉名人戦に参加。今年は北本市で開催です。

北本市長あいさつ

去年はDクラスだったけど、今年は頑張ってひとつ上がりました。Cクラスの一番下からのチャレンジです。

初戦

娘の碁を見ているとヒヤヒヤ。心臓に悪いので見ていられません。今日は一日、観戦するまいと決めて、暇なのでFacebookに初投稿なんぞ試してみました。これは結構おもろい。

二戦目

10級になる!という目標を掲げて以降、毎日の囲碁の勉強を欠かしません。一局打つ度に強くなっていて、既に今は星目置かせると娘に勝てなくなりました(笑)。

信也先生

今年九段に昇段!された信也先生も見守ってくれます。

第三戦中、僕は会場の隅っこで富士ヒルクライムの申し込みに悪戦苦闘。土井さんは今年も撃沈(号泣)。櫻井さん斎藤さんは大丈夫だっただろうか…。

結局、第三戦は負けたらしく、僕にしがみついて悔し泣き。まだ入賞狙えるから…と励まします。気を取り直してFIGHT!

四戦目

第四戦は同門対決。一番時間がかかった対局でしたが、何とか勝利しました。対戦相手のお母様から、彼が後で悔し涙を流していたと聞きました。一緒に強くなっているから大丈夫!頑張ろうな!

ところで、娘の第三戦の対戦相手。聞くと中押し負けだったそうだけど、娘も強くなっているのに、同じ棋力でそう簡単に中押しで負けるかなぁ…。気になって第四戦の対局を観戦しました。すると、明らかに強い。少なくとも5級は上だろう。「お姉ちゃん強いね。本当は何級なの?」と聞いたけど、目も合わせず「18級!」だって。そんな訳ないじゃん。

結局このお姉ちゃんがCクラス全勝優勝。実際より低い棋力で出場すれば、そりゃ優勝もするわ。腐っているのは親か、指導者か。本人ももう高学年なんだから、自分でも自覚しているだろう。可哀相に。それじゃ絶対に強くならないよ。他にも、はがしの反則を申告したって、係の人は無視。朝霞囲碁塾なら考えられないや。娘や同門の彼の涙を思うと腹が立って、表彰式は本当に白けました。真面目に懸命に取り組んでいる子供が馬鹿を見るような大会運営は、考えてもらいたいよな。

朝霞囲碁塾。信也先生と幸先生という素晴らしい指導者に出会えて、本当に良かったと改めて実感。礼に始まり礼に終わる、その本当の意味を、囲碁を通じて教えてくださいます。来月からは南浦和に引っ越して新道場にリニューアル。ちょっと遠くなるけど、電車の乗り方を練習しますので、これからも娘を宜しくお願いします。

最終戦

さあ、最終戦。この対局に勝利すれば入賞間違いなし。そして最終戦の相手は、朝霞囲碁塾が誇る三兄弟の末弟。兄貴は埼玉県代表選手で、彼も今年中に初段を狙う猛者です。落ち着いて、いつもの自分を出して頑張れ!彼のお父様に「心臓に悪くて見ていられない」と告げ、僕は他の塾生を応援。

終局

終局。ちょっと黒が良さそうな感じかなぁと思ったけど、整地が進むにつれて微妙な感じ。そして残念ながら持碁でした。持碁ってのは地が同じってことだけど、先手の黒が有利だから白が勝ちになります。あと1目あれば勝っていた…という、これまた悔しい負け方なんです。

慰められる

上手相手に、本当に一生懸命打ったんだよな。持碁と分かった瞬間に号泣。大声で泣きながら片付け、僕にしがみついて暫く嗚咽が止まりません。持碁まで相手を追い込んだんだから、大したもんだよ。先生たちも優しく慰めてくれました。うん。本当に強くなった。お父ちゃんも思わず目に涙。嬉しくてね。

同門の仲間たち

朝霞囲碁塾の塾生たち。皆さんよく頑張りました。日々精進だ。これからもFIGHT!

スポンサーサイト

一回り大きなダルマ。

2012.01.15 (Sun)


年末の父娘囲碁対局。娘と打つのは久々。

黒3目勝ち

大石が死んだと思って対局中に大泣きしたけど、諦めたらその時点で負けだよ…と励まし、娘も毎日の詰め碁の成果を発揮。生きることに成功して、終わってみれば娘の3目勝ちでした。さっきの泣き顔は何処へやら。

だるま

初詣でダルマを欲しがる娘。ダルマは願い事や目標がある人が買うんだと諌める父。すると娘は「お父ちゃんに囲碁で勝つ!」と宣言。いやいや、この前勝ったじゃん。勝ち負けより別の目標にすれば?囲碁じゃなくても、勉強でもスイミングでも、何か目標があるなら小さいの買ってやるよ…と娘へ投げ返します。

そして暫く考えた娘が一言。「囲碁10級になる!」

今年の目標

へぇ~!ということでバカ親な僕は、予定より一回り大きなダルマを購入。自分で決めたことだから頑張ろうな。家では娘の練習になるように、そして楽しく打てるよう気を付けながら、練習相手になってやろうと思います。

朝霞囲碁塾

今年最初の朝霞囲碁塾。先生方、塾生の皆さん、今年もよろしくお願いします。

下手の横好き。

2011.11.23 (Wed)


先週の囲碁塾。詰碁の宿題を見て貰った娘の後ろから、幸先生が一言。

 「お父さん間違ってましたよ(怒)」

す、すみません。娘と一緒に悩んではみたものの、僕はただの下手の横好き。どうかご容赦ください(涙)。

宿題中

娘の実力よりちょっと上の問題を宿題にしてくれる。すると娘から聞いてくるようになる。僕は一緒に悩むフリして解けたら褒めまくる。幸先生の作戦通りな感じです。ほんとにありがとうございます。たまに僕も本気で分からない問題がありますので、娘共々厳しくご指導ください(笑)。

遅く帰った夜。リビングのテーブルには今週の宿題が全部問いて置かれていました。父に見て貰おうと思って、頑張って一人で解いていた…と妻。嬉しいなぁ。頑張れ。

ヤバい。次回まで娘と一緒に見直すタイミングが無いぞ。どどどどうしよう。

親って難しい。

2011.09.05 (Mon)


先日の囲碁塾。詰碁弁当がイイという娘のリクエストに、妻と作戦会議。僕らは沖縄だから、材料はポーク玉子で即決。簡単な問題を選んで、あとは妻に任せました。

翌朝。妻に聞くと、「何だか少し変な感じがするけど、出来たよ」と。何だか変ってどういうこと?弁当箱を取り出しての中を覗いてみました。すると…

詰碁弁当

ちょ、ちょっと。碁盤になってないじゃん。いくら碁を知らないからって、問題集の碁盤をよく見てくれよう。ということで、キッチンバサミを持ち出して僕が仕上げ。朝霞囲碁塾では詰碁弁当が流行中。お母様たちの力作はコチラからどうぞ。

仕上げ

最近、娘は碁を打っていても楽しくない様子。これって僕の責任なんです。自分が好きに打っているのに、横から注意したり口を出されると、そりゃ面白くないはずだ。僕も分かっちゃいるんだけど、自分の娘となるとどうもなぁ。下手が下手な手を教えても仕方ないのに、親って難しいよな。

幸先生の話だと最近は塾でも打ちたがらず、みんなの輪に入っていかないのだとか。最近の娘の様子を見ていて、もう囲碁は無理なのかなぁ…と思い悩んでおりました。でもこのまま辞めさせたら、きっと囲碁なんて嫌いになっちゃう。

ということで夏休みの最期の日。幸先生からのアドバイスも踏まえて、娘とこれからについて真剣に話し合いました。

 僕:「お父ちゃんが囲碁をつまらなくさせちゃって、ごめんね。」

そんなことないよと言うけれど、幸先生から聞いた塾での様子を伝えると黙り込んでしまいます。そこで、こんな話をしました。

朝霞囲碁塾は塾だから、囲碁の勉強をするところ。勉強って最初は面白くないけど、分かってくると面白いでしょ?囲碁も一緒。楽しく勉強出来るように幸先生たちが教えてくれるからさ。続けていれば必ず良かったと思う時が来るし、囲碁が楽しくなるような応援の仕方を考えるから、午前中の1クラスだけは続けなよ。

その代わりに、娘と約束をしました。

 ・これからは絶対に娘の碁を注意したり口を出したりしない。
 ・お父ちゃんもお母ちゃんも、碁が楽しくなるような応援をする。
 ・塾で頑張っている娘に、自分が一番やりたいことをさせてあげる。

何かやりたいことある?と聞くと、「スイミング!」と。好きな男の子が通っているらしい。娘との約束だから、これは必ず通わせてあげなきゃ。音楽教室?どっちかに決めろよな。お父ちゃんの懐事情ってのm(切実)

家ではたまに自分で碁盤を出して遊んでいます。今までの僕は飛び入り参加であーだこうだ言っていたけど、今は一歩離れて眺めているだけ。すると娘は妹を誘い、妹に教えたり褒めたりしながら打っています。その娘を今度は僕が褒めまくる。先生たちを信じて割り切れたことで、僕もゆとりを持って娘と接することが出来るようになりました。最近の我が家はこんな感じです。

姉妹対局

アンパンマンも見守っています。

衝撃の光景。

2011.08.13 (Sat)


沖縄から戻った日の翌日から夏期講習

車窓からの景色

そしてお盆直前の二日間。事務所は補助者に任せ、娘と二人で朝霞囲碁塾・夏合宿2011in秩父に参加しました。

秩父駅

塾生17名、父兄は5名の参加。池袋に集合し、レッドアロー号で秩父に到着。

朝霞囲碁塾様

知る人ぞ知る囲碁の宿、越後屋旅館。まさに囲碁合宿のための温泉旅館という感じ。普段の囲碁旅行では碁盤の数が足りずに持参することもあるそうだけど、ここなら全く心配なしの充実した備品。会場はいつでも対局できるようセット済みです。

着いたばっかり

旅館に到着。すると塾生の多くはイキナリ対局モード。打ちたくてウズウズしている様子が分かります。みんな物凄い意欲的ですな。

今日の流れ

部屋の割り振りを発表し、荷物を片付けたあとは昼食。この旅館では、囲碁三昧をサポートするかのように、食事も4食完璧な準備です。軽い昼食後は早速今日の流れを説明してくれました。

いきなり対局

初日は団体戦。子どもたちの人数が半端だったことから、ザル碁しか打てない僕まで駆り出され、訳も分からず対局スタート。僕の相手は囲碁講師の古越先生、棋力は5段。そのままうっ伏して泣きたいくらいでした(涙)。星目置かせてもらったのに、案の定大石取られて中押し負け。娘の合宿だけど、何故か僕がコテンパンにやられています。あとで娘に慰められました。

その後も2回戦3回戦と続きますが、もうとにかく必死。どんな碁を打ったのか、記憶にございません。写真撮る余裕もない。応援に来たつもりだったけど、娘は頑張っているだろうか…。結果を見ると全敗している様子。ブランクあったから仕方ないか。

詰碁対決

チーム戦の最期を締めくくるのは、詰碁対決。1問2点で10問20点満点、制限時間は30分です。棋力に応じた問題をそれぞれ手渡されます。開始早々に娘が「終わった」と。何度も見直しなさいと、サッパリ分からない詰碁に軽くパニックを起こしながら横目で注意します。

信也先生の赤ペンチェック

信也先生の答案チェック。終わった人から順に持参します。

父と娘の奮闘結果

娘の結果は8点。ほら。ちゃんと見直ししないからだろ?…と諭した次の瞬間。僕の採点は何と半分の4点という衝撃的な結果。娘が「お父ちゃんやれば出来るのにね」と一言。返す言葉も見つかりません。

答え合わせ

採点してもらった後も、塾生同士で検討。強くなるには詰碁は不可欠。その指導方針のもと、塾の日は毎回詰碁にも時間を割いているとか。詰碁なんかロクにやったこともない僕は、普段から詰碁に触れる大切さを身を持って実感しました。

実際に並べて解説

どうしても解けない問題を塾生から教わります。でも何を言っているのかサッパリ。もうチンプンカンプン。彼らの頭の中では道筋が明確なんだ。どうしても分からない僕に、実際に石を並べて解説してくれました。いったい誰の合宿なんだか。

プロのご令嬢と対局

お風呂の後の夕食前。仲邑先生ご夫妻のご令嬢と対局する我が娘。教えているつもりらしいけど、この子は囲碁界期待のサラブレッド。一緒に強くなれよ。

夕食

塾生みんなで楽しい夕食…のはずなんだけど、ひとり、またひとりと早々に抜けていきます。そう。隣の対局室に戻って対局しているんです。本当なら花火を予定していたんだけど、せっかくの合宿なんだから中止!と幸先生が宣言すると、「やった!」と歓声が上がるほど。残念がっていたのは我が娘くらいで、みんなの意欲といったらもう、本当に凄い。

連碁対決

夕食の後は連碁。僕は初めて知ったんだけど、これは盛り上がるなぁ。連碁大好きという塾生も。棋力はみんなバラバラだから、余計に面白いんじゃないかな。

立ちつくす

今までの一手一手は歓声とため息の連続。とうとう娘の出番ですが、もう何が何だか分からなくなって立ちつくしています。信也先生も駆け寄り、みんなからは「好きなところに打っていいんだよ!」と掛け声。これは凄くいい経験だ。

頑張れ~

意を決して椅子に登り渾身の一手。惜しかったけど、ずっと気になってたんだろう。娘なりに考えていたのが良く分かりました。本当に頑張った。エライ。

仲邑先生ご夫妻の解説

時間切れのあとは、最初から並べ直して信也先生ご夫妻の解説。中でも素敵な一手は打ち手の挙手を促し、理由と共に褒めまくります。褒められた塾生たちは本当に嬉しいだろうな。娘はみんなが一喜一憂する意味が分からないので退屈そうだったけど、そのうち分かるようになるよ。来年が楽しみだな。

そして夜は更け、娘と共に就寝。朝風呂は6時半から。朝の集合時間は7時だから間に合うかなと思って対局室の前を通ると、目に飛び込んできたのは衝撃の光景。思わず二度見したくらいです。

早朝の対局室

これ、朝6時半の様子ですよ。朝日の中、多くの塾生が熱心に対局しています。聞くと、5時頃から打っている子どもも。強くなりたい仲間が一緒だから、余計にそうなのかな。いやぁ、これだけ熱心なら強くなる。中には何度も僕に勝負を挑んでくる子も。とにかくもう圧倒されます。

個人戦の割り振り

二日目は個人戦。有段者と級位者に分かれてのリーグ戦です。今度はじっくり皆さんの碁を見ることが出来ます。娘の碁を見るのも本当に久し振り。

1回戦

1回戦の彼は、以前の大会で共に戦った三人トリオのひとり。以前は娘が白を持ってたけど、今や娘が置き石を置かせて貰う程に着々と力をつけています。彼のお母さんは知る人ぞ知る詰碁弁当の考案者。こりゃ強くなる訳だよな。しかも詰碁Tシャツを着ての戦い。気合い入ってます。

結果は娘の負け。左上の黒をシッカリ生きずに、言われるままに諦めちゃいました。以前にも同じような負け方をしたことがあるし、彼も生き死にのハッキリしない石を死に石と思いこんでいたので、終局後には並べ直して再検討。最初のうちはなかなか難しいんだよな。二人とも、一歩ずつだ。

2回戦

2回戦は先程の彼の弟。なんと我が娘よりも1歳年下のラガーマンです。今度は全く逆。何度も右上を殺せるチャンスがあったけど、最後まで気付かず生きられ、さらにこの後のミスでなんと生きた石が死んでしまったという展開。娘の勝ちだったけど、こういうのを棚ぼたっていうんだよな。彼はせっかく生きたのにモッタイナイ。これまた二人と一緒に並べ直して再確認。しかし就学前でも碁になっているから凄いな。

3回戦

3回戦。彼は将来プロどころかタイトルを狙っているという猛者。置き石を置いているのに、大分石が浮いちゃっています。それでも何とか食らいついていましたが、終盤に大石を切られて、目が無いのに気付かないまま痛恨の3目中手。暫くは死んでいることにも気付かず、何ともまぁ大敗を喫した訳です。3目中手は前に教えたけど、気付かないのは仕方ないか。これから少しずつ見えるようになるはず。追い落としも決めたし、最後までよく頑張りました。

高段者たちの対局

こっちは有段者のリーグ。いつか娘もこっちのリーグで活躍できるといいな。

結果発表

最後に結果発表です。団体戦、個人戦、そして二日間のMVPが発表されます。

MVP

少年少女囲碁大会の埼玉代表が無敗のMVP!商品は何と、仲邑信也八段オリジナルの詰碁色紙。「2011MVP」と書いてある力作です。色紙に書くだけで2時間かかったそうです。三人トリオのうちもう一人の女の子は、このオリジナル詰碁を棋譜に黙々と書き写していました。それだけのヤル気があれば、次はきっと貰えるよ!その日が目に浮かぶようです。頑張ってね。

信也先生からの一言

「楽しかった人!」「この二日間で囲碁が強くなった人!」信也先生から塾生のみんなへ、締めのご挨拶です。

真剣なまなざし

信也先生のお言葉に耳を傾けます。朝霞囲碁塾が大切にしている指導方針。そして何より仲邑先生ご夫妻の囲碁に対する姿勢が、こんなに一生懸命な塾生の姿になって表れているのでしょう。運よく娘をお願いすることが出来て本当に良かった。我が娘のエンジンがかかるのはもう少し時間かかりそうですけど、根気強く向き合いますので宜しくお願い申し上げます。

個人戦上位者たち

両リーグの優勝者と準優勝者。MVPの彼の手には、誰もがうらやむオリジナル詰碁。そして四人には後日プレゼントが手渡されるそうです。

塾生と父兄の皆さん、古越先生、そして仲邑先生。本当にありがとうございました。

全員集合

「お父ちゃん見て!」と持ってきた、娘の今日の一行日記。

 1日目【いごのがっしゅく】「とてもたのしみでどきどきしていました。」
 2日目【いごのがっしゅく】「まけてしょうひんがもらえなくてくやしかった。」

そうか。君の未来は開けているんだ。これからいくらでもチャンスがあるよ。今回の悔しさをばねに、これからも頑張ってね。

 | HOME |  »

ひとこと

田原 亮

Author:田原 亮


ゆい生活法務事務所 公式ブログ
「チャリギョ!」へようこそ。
タイトルはただのパクリです(笑)。
楽しみながら更新したいと思います。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。