チャリギョ!

「チャリンコ」行政書士の事件簿

  • « 
  • 1 
  • 4 
  • 7 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療との連携を考えるチーム。

2009.06.29 (Mon)


更新頻度を決めていた訳ではないものの、「三日は空けない」ということだけは意識していました。しかし、妻が入院してからは長女と二人だけの生活。仕事に加え「主夫」もこなさなきゃならんもんですから、なかなか更新まで手がまわりません。妻は仕事をしながら家事もこなしていましたので、改めて脱帽しています。

さて、朝霞市では昨年度末「介護保険・医療との連携を考えるチーム」が結成されました。朝霞地区の介護保険事業者から多数の同志が参加し、多くのケアマネジャーが試行錯誤している医師との連携について協議を重ねています。

本来であれば医師会との協同から生まれるのがベストなのですが、当地域においては介護保険事業者団体と医師会の連携や交流が殆どなく、主治医が都内の大病院ということも多くて、頭を悩ませている状況です。なので、いきなり抜本的大改革を目指すのではなく、一人ひとりのケママネジャーがそれぞれの医師へ発信できるツールを作り、個々で出来ることから積み重ねていこうではないか…ということになりました。

まず初めに、チームメンバーであるケアマネジャーが、医師との連携を図る上で日頃活用している書式を持ち寄りました。僕は必要に応じて主治医とコンタクトを取ったり、自分なりの書式を作って医師との情報交換に活用したりしていますが、正直のところ全ての利用者の主治医に対して…とまではいきません。今回、実際に使用している他ケアマネジャーの独自書式を見ると、目からウロコが落ちるような発見の連続!みんな同じように苦労しているよなぁ(笑)。

それぞれの良さをミックスしたり、無駄を省いたりして形になってきましたので、以下に紹介します。最終的にまとまりましたら、チームから朝霞市内の皆さまへご案内をさせて頂くことになると思いますが、朝霞市以外の方でも、もしご所望でしたらご連絡ください。エクセルファイルでお送り致します。

居宅サービス計画(ケアプラン)連絡票

介護情報提供書

実際に使ってみると、医師や医療機関によって反応は様々です。しかし、はじめの一歩を踏み出さなければ何も響かないということも事実。まずは僕らから具体的なアクションを起こすことで、今後の更なる展開につなげてゆくことが出来るといいですね。

スポンサーサイト

またパパになりました。

2009.06.24 (Wed)


リニューアルオープンの記念月となる平成21年6月は、次から次へと色んな出来事があり、常に頭がフル回転状態。…極めつけはこちら。

またパパになりました

後見業務の助言を得るため訪問していた埼玉県社会福祉士会事務局にて「産気づいた」と連絡が入り、全ての用事を済ませて入院先へと駆け付けたまさにその時、待ってましたとばかりに生まれました。

多くの皆さまにご心配をお掛けしましたこと、この場を借りて心からお詫びを申し上げます。元気な赤ん坊で妻も僕もホッとしています。本当にありがとうございました。

「子は我が子なれど、社会の子と思え。」

僕の大先輩である和田さんが、長女誕生の際にくれたメッセージです。我が子として、社会の子として、子供たちが育っていくこれからの未来に思いを馳せ…と続けたいトコロですが、長女を寝かしつけてからの残務整理なもんですから、やっぱ目の前のことだけで頭がいっぱいいっぱい(涙)。

あたし訴えられたのよ。

2009.06.22 (Mon)


先週末、Aさんから突然の電話。留守電のメッセージを聞いても何だか声色が暗く、何となくただ事じゃない印象を感じながら折り返し電話したところ…、「あたし訴えられたのよ。田原さん法律関係の仕事始めたっていうじゃない?出来るだけ早くに来てくれないかしら」と。

一通りの用事を済ませ、汗だくになって(自転車ですから)夕方なんとかAさんのお宅に駆け付けると、本当に裁判所からの訴状が届いています。訴状の内容に目を通し、一通りのいきさつを聞いて、段々と腹が立ってきました。訴状に記された相手方(原告)の主張と、Aさん(被告)の主張は全くもって相反するもので、高齢者につけ込んだ許し難い実情に憤りを感じます。

Aさんは、僕にはもちろん娘たちにも心配をかけまいとして、ずっと自分で抱え込んできたようです。訴状が届いてからの数日間は、誰にも相談できず眠れぬ夜を過ごしたとのことでした。いつもお世話になっている主治医に打ち明け、その後に僕へ連絡をしてきたという次第です。

遅い時間にまだいらっしゃるかな…と心配しながら、大先輩の栗山先生へ連絡。なるべく近々でお時間を頂きたいという不躾な依頼を快く受け入れてくださり、週明けの本日午後に貴重なお時間を割いてくださいました。

僕は頭がカッカしている状態でしたが、客観的な立場から冷静で適格な数々のアドバイスを頂き、Aさんが置かれている状況を冷静に分析することが出来ました。栗山先生本当に助かりました。明日、Aさんの主治医ともお会いする予定があるので、経過報告も兼ねて今後の協力について相談するつもりです。

訴えられている訳だから、何もしなきゃ原告の主張を認めたも同然。無視し続けると最終的には差し押さえをくらうハメになりますので、放っておく訳にはいきません。今回の状況は正直厳しいものではありますが、少しでもAさんの利益に資することを最優先に、次の話し合いへ向けてもう一度作戦の練り直しです。やれるだけやるぞ。

リーフレット完成。

2009.06.19 (Fri)


1を言うと、5にも10にもして返してくれるでじたる屋の青木社長。手書きの簡単なイメージを伝えただけなのに、とっても素敵なリーフレットが完成致しました。青木さん本当にありがとうございます。印刷からホームページ作成まで、超オススメの地域密着企業です。

リーフレット

この週末にも、WAMNETからコツコツ調べた朝霞地区四市の介護保険関連事業者の皆さまへ、発送作業を行いたいと思います。朝霞地区以外でも、もし当事務所リーフレットを置かせてくださるという方がいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームからご連絡いただけると幸いです。すぐに希望部数をお送り致します。

一難去ってまた一難。

2009.06.16 (Tue)


平成18年度から義務付けられた5年に一度のケアマネジャー更新研修。タイトルにあるような「難」という訳でもないのですが、やっと終わりました。

更新研修終了証明書

この更新制度には賛否両論ありますが、普段知り合うことはないであろう人達との出会い、グループワークでの議論、成り切り演習など、それなりの刺激を貰いました。

今日は更新研修の総まとめ!ということで更新しようと思っていたのですが、いざ帰宅してみると…

実地指導及び書面監査

こちらも平成18年度に定められた6年に一度の介護保険事業者指定更新。初めて当事務所に訪れる実地指導&書面監査の通知です。こちらも別に「難」って訳じゃないのですが、こうもタイミング良く両方イッペンに襲ってくるものですから、何故かタイトルのような気分になったという次第です(涙)。

実地指導といっても、別に普段通りの様子を見て貰うだけのことですけど、事前に報告しなければならない事前提出資料が幾つか指定されています。面倒なことは早めに終わらせちゃう予定ですが、実地指導の通知で疲れが倍増なので、今日はこの辺で失礼。

 | HOME |  »

ひとこと

田原 亮

Author:田原 亮


ゆい生活法務事務所 公式ブログ
「チャリギョ!」へようこそ。
タイトルはただのパクリです(笑)。
楽しみながら更新したいと思います。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。