チャリギョ!

「チャリンコ」行政書士の事件簿

  • « 
  • 2 
  • 4 
  • 6 
  • 8 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっかりと送りました。

2010.06.27 (Sun)


気が付いたら大分更新止まっちゃってましたね。ご心配をお掛けしました義母の件、娘として喪主を務めた妻を支えて、昨日しっかりと送ってきました。

病院で一歳

正直なところあんまり実感がなく、気疲れと寝不足でボーっと過ごしています。危篤と宣告されてから4日間、何度も山を越えて、最後は静かに眠るようでした。きっと親族間の難題を整理する時間をくれたのでしょう。孫の一歳の誕生日を見届けてくれたのでしょう。最後の最後まで僕ら家族を気遣ってくれた義母には、心から感謝しています。

仕事その他の活動面では、多くの皆様にご迷惑をお掛けしました。この場を借りて心よりお詫びを申し上げます。やらなきゃならん仕事が山ほど積み重なっていますが、亡き後のことと並行しながら、少しずつペースを取り戻します。

スポンサーサイト

後から悔やむ。

2010.06.16 (Wed)


僕には親が6人います。自分の両親、妻の両親、そして妻の養父母。妻が生まれてからというもの、商売で忙しい両親に代わって我が子のように面倒を見てくれた、大切な伯母夫婦でもあります。そしてもうすぐ、その養母と別れの時を迎えます。

ホスピス

病気を知ったのは今年に入ってからです。既に手が付けられない状態でした。義母がショックを受けないはずはないのですが、我慢強い義母は僕ら夫婦の前ではケロッとした顔で、いつも気丈に振る舞います。それだけに、義母の人生を思うと僕ら夫婦は何ともやりきれない思いで、先週から急激に動けなくなった姿を目の当たりにして、鬱屈に過ごしています。

いつもは年に数回、顔を出す程度。それが家族で義母宅に行く機会が大幅に増えて、入院してからは義父の様子を気にかけながら、孫たちの顔を見せに毎週のように足を運んでいます。「無理しなくていいのよ」と僕ら家族を気遣う義母も、孫の顔を見ると穏やかな顔に。大嫌いな携帯メールを再開したのも、義母の入院が迫った頃です。義母に携帯を持たせて、僕の携帯もメールが出来るよう登録し、毎日孫の姿を撮影して送り続けています。これにはとても大喜び。

…もっと早くしてあげれば良かった。もっと顔を出していれば良かった。もっと一緒に出かけたら良かった。もっと料理を習っておけば良かった。夫婦で話すことと言えばこんな「たら」とか「れば」ばかり。こうなって気付くから後悔って言うのだろうな。悔やむことにはキリがないけど、今は、今の時間を大切にするしかない。残されたわずかな時間を、安らかに、心豊かに過ごせるよう、妻を支えて出来る限りのことをします。

地味だけど助かりました。

2010.06.11 (Fri)


固定資産税の課税明細書から、土地建物の不動産について現状調査。ブルーマップネットで閲覧できるって話ですけど、ヘビーユーザーじゃないんだから、月額契約はいらないよう。

…ちょうど都内へ行く用事もあったので、法務局の管轄出張所へ。

法務局

調べてみると何となく現場の雰囲気が分かってきますが、百聞は一見にしかず。最後は実際に自分の目で確かめにいきます。僕は自分が行けないような場所の案件はお引き受けしません。責任持てませんから。地形とか隣接地とか道路とか、はてまて未登記物件とか入れ替わってるとか第三者占有とかなんとかかんとか。現地へ行かないと分からないことも意外と多いもの。民事法務だけの話ではありません。事件は現場で起きてるんです

でも、公図は取得できてもブルーマップは印刷不可なんですよね。公図だけじゃ目的地に辿り着けない(涙)。せめて当該箇所の住宅地図だけでも欲しい。建物名とか細かく載ってるし、メモは面倒くちゃいし。どっかでコピーできないかなぁ…と思って調べてみると、ビンゴ。こんなサービス見つけました。世の中便利になったものだ。

住宅地図プリントサービス

最新の住宅地図をピンポイントでゲット。しかもカラー。地味だけど助かりました。やるじゃんセブン-イレブン

バランス。

2010.06.08 (Tue)


先週末は飯塚さんが朝霞まで来てくれました。迎える朝霞の僕らも、同年代+経営管理層という3名の熱い男が集合。職員のやりがいを育てる方法論からモテ論まで、実に楽しくて有意義な時間を過ごすことができました。

仕事に対するモチベーション。なるほど!と思ったのはこの話。自分自身のことに当てはめてみると良く分かります。僕は「人のためになりたい」「人に認められたい」「人に喜んで貰いたい」という気持ちが強いから(怒られて育ったからね)、モチベーションが上がるのは3.0の比率が多いときかな。もちろんそれだけでは食っていけないから、2.0もどこかでバランスを取っている。1.0が多いとイライラしがちになりますし。二日酔いとかダメダメ。

時期や場面でウエイトのバランスは変動するけど、僕の場合は一匹オオカミだから、自分で自然とコントロールしているのだと気付きました。逆に他人のバランスって分かり難いよな。経営層の人は、こういう視点を持って職員を向き合うことで、より一人ひとりのキラキラを引き出す武器になるのではないでしょうか。飯塚さんは更に介護事業所版を提案してくれていますが、どんな業種でも応用できます。僕も場所の問題がクリアできれば人員を増やしたいと思っているので、とても参考になりました。

炎のプレゼン

今回のメインディッシュはもんじゅのこと。今週末には待ちに待ったキックオフミーティングです。全国にキラキラした人が増えていく。今からワクワクしています。

池袋ってのが素敵。朝霞から20分。僕のためにありがとう飯塚さん。…違うか

樹木葬を選ぶ。

2010.06.06 (Sun)


ちょっと事情があって、樹木葬を調べています。

色々と分かってきました。大体共通するのは「土に還る」「里山作り」というようなキーワードですが、その考え方や実施方法は実に様々。日本初というトコから海を越えるような場所まで資料を集めまくりましたが、こりゃ実際に見て聞いて触れてみないとサッパリ分からん。

…ということで、今日は拙宅から距離が一番近い樹木葬墓地を見学。

こもれびの里

樹木葬

埼玉ではここ以外に見つからなかったけど、思った以上に良い環境で素敵な雰囲気です。経営主体の寺の住職ともご対面。寺院の歴史や運営側との関係、埋葬後のお付き合いなど、住職のお人柄と共に色々と知ることが出来ました。やっぱり話してみないと分からないこともある。想像以上にいいところだな。

他県にももうひとつだけ気になる場所があるので、次回はそっち。大事なことだから時間をかけて、本人ともよく話し合って決めなくちゃね。僕らも後悔のないように、出来る限りのことをやりたい。

 | HOME |  »

ひとこと

田原 亮

Author:田原 亮


ゆい生活法務事務所 公式ブログ
「チャリギョ!」へようこそ。
タイトルはただのパクリです(笑)。
楽しみながら更新したいと思います。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。