チャリギョ!

「チャリンコ」行政書士の事件簿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多くの仲間たちのご協力と助けに感謝。

2011.03.31 (Thu)


とうとうお父さんも、後見ソフトを導入するんですって。そのレビューを待ってから僕も考えようと思い、何となくチェックしていると…

【基本スペック】
 OS Microsoft Windows XP(SP2以上), Vista, 7 ※ 64bit版を除く

ぬぬぬぅ。ここにも64bitの呪縛が。早速問い合わせるものの、64bit版はやはり対応していないとのこと。しかも開発予定すら無いとの返答。今や64bitでないパソコン買う方が難しいだろ?今このソフトを使用している人たちは、パソコン買い替えると使えなくなっちゃうじゃん。そう問うても眠たい返答ばっかり。

…こうなったらレビューを待っている場合じゃない。別のソフト会社に問い合わせ、64bitとネットワーク版まで対応したコチラと契約。使ったら便利なのは間違いないだろうから、少しずつデータを移行して慣れていこう。

成年後見総合システム

拙事務所の相談スペースは、宮城に持っていく物資の山。既に我が家のフリオ君には乗らない分量なので、出発直前に再度積み直しをします。テトリスさながらです。

 介護現場のキラキラを応援するNPO活動に参加していて、
 その仲間にも被災した人たちがいます。
 復興へ向けて現地の人たちと対話をしに行くんだけど、
 どうせ行くなら被災した介護現場に物資も持っていきたい。
 一般的なものより介護関連用品が不足しているようなので、
 もし良ければ無理ない範囲で協力してくれませんでしょうか。

先週末。提供票を持参したり被後見人に会いに行った先の事業者の皆さんに、こんなお願いをしてみました。すると、思った以上の反響にビックリ。朝霞の社協担当者は市の経済振興課まで直接掛け合ってくれたり、人伝に聞いたんだけど…と連絡をくれる社長さんまで。沢山の事業者が協力してくださいました。皆さん何かしたいんだ。朝霞の仲間たちが物資に込めた思い。必ず届けてきます。ありがとうございます!

もうひとつ嬉しい話。ガソリンの携行缶がどこにも売ってないんです。ほとほと困り果てていたところを、朝霞市商工会青年部芳村次年度部長が救ってくださいました。あちこち連絡を回してくれて、20L缶を何と3つもお借りすることができたとの連絡が!今日仙台から帰ってくる阿部次年度副部長からは、東北道のガソリン営業情報と道路状況を細かくシェア。皆さん本当に助かりました。ありがとうございます!

被災地の復興には、継続的に関わっていくことが必要です。現地の人が現地の人の力で力強く歩んでいくために、僕らにできることをやりましょう。そのためには、自分の仕事と家族のこともシッカリやらないとね。さてと、夜の訪問に行ってきます。

スポンサーサイト

やり切った。

2011.03.27 (Sun)


娘の卒園式の朝、Aさんのご家族から連絡が。

 ご家族:「今朝早くに亡くなりました…。」


先月、体調を崩して緊急入院。これ以上手立てがなく経管栄養等を勧められるものの、ご家族は希望せず退院を迫られることに。ご家族みんなで話し合った結果、自宅で看取る覚悟を決めての退院でした。

退院してからの2週間。慣れないことだらけで戸惑うばかりのご家族も、医師や訪問看護師の適切な指導とサポートで、その表情が生き返ります。「諦めずに出来ることをやろう」「残りの時間を大切に過ごそう」このことを合言葉に、みんなで力を合わせてきました。最期を知らせる電話の涙声。でもその声のどこかに、やれること全てやり切ったという達成感を感じることができました。

用事が終わってからご自宅へ。Aさんの顔のなんと穏やかなことか。ご主人の姿が見えなくなると、それだけで落ち着きを無くして探し回っていた。そのご主人と最後まで一緒に過ごせた。二人の生活を支え切ったご家族も、最後の最後まで手を握って見送ることが出来た。Aさん。とっても幸せな最期でしたね。あの笑顔が見られなくなるのは寂しいけど、最期の時間を家族と共に過ごせて本当に良かった。

多くの死と接してきた。中には悲しい別れや後悔ある別れもありました。でも、その別れから沢山のことを学ばせて貰って今がある。そしてこれからも重ねていくことでしょう。Aさんの人生の最後に関われて本当に良かった。Aさんの穏やかな顔を見て、僕らが目指す「生きる姿」を改めて確信しました。ありがとうございました。

震災関連情報まとめ。

2011.03.25 (Fri)


(以下、転載)

お福の会にて、震災関連の認知症に関する情報(支援やニーズなど)が不足しているので、プラットフォームを作ろうということになり急遽準備し、本日そのサイトを立ち上げたそうです。

東北関東大震災 認知症の方の支援に関する情報

認知症の支援に関する情報や、被災地のニーズなどについて誰でも書き込むことができるようになっています。みなさんには、ぜひ以下のことにご協力いただければと思っています。

(1)このサイトのことを多くの方に広める
(2)支援に関する情報、被災地にニーズに関する情報を書き込む
(3)ツイッターを使われている方は、ハッシュタグ(#311ninchisyou)でツイートする


避難所暮らしにおける認知症の方の置かれている困難な状況は少しずつ情報が入ってきていますが、今後は、広域避難や移住にともない、医療介護のネットワークが切れることで、認知症の方や家族が大きな困難に陥ることが予想されます。どんな形でも結構ですので、ぜひともご協力ください。

(以上)

以下には過去の情報まとめを再掲します。情報の改廃もしなきゃね。

【関連情報】


 ★緊急情報★東北・関東大震災救援関連 ケアマネジメントをみんなで考える会

 全国グループホーム団体連合会 東北地方太平洋沖地震緊急掲示板

 全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会 緊急連絡

 公益社団法人日本青年会議所 東北地方太平洋沖地震掲示板

 公益社団法人日本青年会議所 埼玉ブロック協議会 災害緊急連絡用掲示板

 日本行政書士会連合会 合同大規模災害対策本部からのお知らせ

 社団法人日本社会福祉士会 日本社会福祉士会災害対策本部の設置について

【寄付・義援金・呼びかけ】

 東京都地域密着型サービス事業者連絡協議会 義援金の募集

 東北地方太平洋沖地震へ高齢者支援のチャレンジ

 東北関東大震災緊急救援活動の呼びかけ 東京都介護保険事業者団体連合会

 東北地方太平洋沖地震 日本JC対策本部【義援金口座開設について】

 被災地支援に全力を 社団法人日本社会福祉士会、支援金の募集

【原発関連】

 理化学研究所 和光研究所放射線モニタリングポストによる線量の検出について

 気象庁 防災気象情報 ウィンドプロファイラ(上空の風)

 TEPCO:福島第一原子力発電所|プレスリリース/ホームページ掲載情報

 原子力資料情報室(CNIC)

 どこまで放射線レベルが上がったら行動を起こすべきか(赤信号と黄信号)

恥を知る。その2

2011.03.24 (Thu)


震災後の情報交換。松下さんから悲愴感漂うメールが。

 今日は夕方に大宮に行かなければなりません。
 電車は読めないので、自転車で行こうと予定しています。
 嫁のママチャリで気張って行ってきます。
 田原さんなら余裕かもしれないけど、私にはヘビーです。


…大宮ですか!ロードならまだしもママチャリは腰を痛めそうですな。でもさ、ママチャリがあるだけでも恵まれている。仕事があるって素晴らしいことだ。チャリンコくらい何のその。お互い頑張りましょう。

裁判所から眺める埼玉県庁と愛車

先日のさいたま家裁。待ち合わせた市役所の担当者が一言。

 …自転車ですかぁ。

皆さんは車ですかぁ。朝霞市商工会青年部に市内のデイの送迎状況を伝え、販売の情報があれば教えて欲しいと依頼。仲間からガソリン情報が入ると、周辺デイに情報を流します。デイの皆さんホント苦労してガソリン確保に奔走しているんです。やっと都内あたりのスタンドは営業回復してきているみたいですね。朝霞近辺も時間の問題でしょう。

…しかし僕らは幸せだ。被災地から届く悲しいニュースに触れるたび、家族が生きているということ、衣食住に困らないということがどれだけ幸せなのかを痛感します。ガソリン不足や停電の不便なんて、被災地の不便に比べれば屁みたいなものだ。便利に慣れ過ぎてモノが溢れた生活を振り返ると、自戒の念にかられます。

あれだけ騒がれたガソリン問題。元通りになれば何も無かったかのような日常に戻るのでしょう。各地で水の買い占め再発というニュースも聞くけど、買い占めが無ければ誰も困らないんですよ。社会の宝である子供たちを差し置いて、自分だけ良ければいいのですか。大人として恥ずかしい。必要な子供たちに必要な量が行き届くよう、不要不急の人たちはお願いだから控えてください。

今でも何十万と言う人々が、苦しい状況下にある。本当に必要な人たちに物資が行き届かない現実がある。僕らは恥ずべきことを知らないといけない。恥を恥と知る心を持たなければならない。

【携帯OK】被災地の生活法務無料相談。

2011.03.22 (Tue)


被災地の戸籍が消失したというニュースがあったけど、朗報です。更新前の資料?電子化される前の改製原戸籍ってことかな。復元も時間かかるし完全には無理だろうなと思ってたけど、これなら復元作業が大幅アップすることは間違いないでしょう。

目の前の仕事があるから、身体を動かすことにも限りがある。それより自分の時間の合間を縫って、僕にだからこそ出来ること、継続的に関われることは無いだろうか。ということで、以下の無料相談を実施することにしました。今はそれどころじゃない地域が多いでしょう。でも、近いうちに必要になる時期がくると思う。思い出したら使ってください。現地で困っている皆様を、僕が出来ることで応援したいんです。

【携帯OK】被災地の生活法務無料相談。 SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

被災された皆様へ、そして被災地で奮闘する相談援助職の皆様に対する後方支援のために、無料で相談をお受け致します。即答できない複雑な案件でも、行政書士・社会福祉士・司法書士・税理士・社会保険労務士等、関連他士業ネットワークを生かし、頑張っているあなたに代わって、出来る限り調査して返答します。

私に出来ることで、被災地の皆様の復興に少しでも役立つことが出来れば幸いに存じます。この困難を、共に乗り越えていきましょう。

【主な内容】
 被災地における相続手続き及び各種届出
 遺言の捜索や執行手続き
 被災者の成年後見制度活用相談
 その他「生活」に関する法務全般

【対象】
 ・被災された方々
 ・被災地で奮闘する相談援助職の方々

【方法】
 ・メール相談
 ・スカイプ相談(要予約)


他にもあるよ。沢山の仲間たちが、それぞれに得意なことを持ち寄っている。そんな輪が広がれば、何でも来いですな。みんな決してひとりじゃありません。必ずどこかで誰かとつながっていますから。

 | HOME |  »

ひとこと

田原 亮

Author:田原 亮


ゆい生活法務事務所 公式ブログ
「チャリギョ!」へようこそ。
タイトルはただのパクリです(笑)。
楽しみながら更新したいと思います。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。