チャリギョ!

「チャリンコ」行政書士の事件簿

  • « 
  • 1 
  • 7 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍神の歓迎。

2012.02.27 (Mon)


埼玉の西郷隆盛と言われるようになった田原です。人物のことではありません。この体型と弛んだ横顔です。伸び縮みが激しいと評判です。変幻自在です。

さて、桜島一周の思い出を写真で紹介。

梅ちゃんと怜也さん

粉雪が舞う鹿児島。空港で僕らを迎えてくれた怜也さん。鹿児島市までの車中で作戦会議。ホテルに着いたらレンタサイクルを借りて、ロードバイクとレンタサイクルを交互に乗る。助け合いながら一周を目指す作戦です。

ホテルのお姉さんに聞いたレンタサイクルショップへ行くと、タッチの差でマウンテンバイクが貸し出されてしまい、レンタル出来たのがコレ。↓

桜島を前に

ママチャリ。似合うなぁ。桜島を背にパチリ。

フェリーの1階から

無理やり自転車でエレベーターに乗り、2階のフェリー乗り場へ。すると、係員が飛び出してくる。「自転車は1階から!下に回って乗って!」と、なぜここに自転車を持った二人がいるのか怪訝そうな感じ。だって知らなかったんだもん。ぎゅうぎゅうに入る車列の横をゲット。観光バスまで乗船してきます。

海が似合う男

何ともまぁ。海が似合う爽やかな梅ちゃん。

天玉そば

鹿児島の福島さんオススメ!フェリーにはそば&うどんを食すことが出来ます。「うどんがおいしい」と福島さんから聞いていたけど、そば派の僕らは天玉そばを注文。いやはや、これは出汁が最高ですな。三杯喰いたい。

フェリー最上階

フェリーの上に上がると、あっという間に桜島が近づいてきます。どうやら雨の心配は無さそうだけど、午前中は小雪舞う空。とにかく寒い。

怪しい男

火山灰対策で持ってきたサングラスを梅ちゃんに貸すと、急にハードボイルドな感じに変身。悪そ~。でもママチャリ。

自転車交替

桜島を見ながらちょっと走ってみる。道端に溜まっている火山灰に乗り上げなければ問題なさそう。そしていよいよ梅澤伸嘉ロード初体験です。ペダルはトゥクリップに替えてあるので、初心者でも大丈夫。片手で持ち上がる程の軽さに驚いております。ギアチェンジも色々試して、徐々に慣れていきました。

そして最初の難関。延々と続く長い上り坂。「負けてたまるかぁ!!」と叫ぶ僕は、例のママチャリで奮闘。

グロッキー

何とか足もつかずに、大声で励まし合いながら上まで登り切ります。二人とも既にぐったり。自転車乗りがマゾだっていうことが良く分かった…と梅ちゃん。

最初の坂を制覇

坂を登り切ったところでやっと休憩。

 僕:「どう?ロードだと坂道も楽でしょ?」

 梅:「ママチャリより全然楽だけど、やっぱロードでもキツイっす!」

・・・そうかぁ。この時点で僕は、ママチャリで桜島を一周する覚悟を決める。後から分かったことだけど、桜島のアップダウンは結構凄い。いつかまた、今度はロードで一周タイムアタックしてみたいなぁ。

ちなみにメーターでは一周約36km。リレットのマスター曰く、溶岩道路が出来る前はもうちょっとアップダウンが続いたのだとか。そっちの道も確かまだ走れるから、次回の楽しみにとっておきます。

噴火が見えてきた

だいぶ進んだ頃、ふと横を見ると、何と桜島から煙がもうもうと噴き上げているではありませんか。圧巻の光景に二人は心を鷲掴みにされました。

避難壕

昭和溶岩地帯から。あっちこっちに避難壕が設けられているのが印象的でした。爆発時の噴石がいつ飛んでくるか分からないですものね。避けようもなさそうだけど。

埋没鳥居

そしてこちらは埋没鳥居

大正三年大噴火

ここらで丁度半分くらい来たのかな。

噴火の瞬間

更に坂道を進んでいくと、目の前の噴火口の様子が何だか変。次の瞬間、真っ黒な煙が噴き出し、直後に地響きのような爆発音が。坂道を登って来た疲れなんて一気に吹き飛び、急いで自転車を停めます。

圧倒

スゲー大迫力。年間1,000回近く噴火を起こしているから、運がいいと見られるかも知れないよ…と聞いていたので、二人とも大興奮でした。

溶岩道路

ここ溶岩道路は、風向き的に灰が舞い、口の中がジャリジャリ。

溶岩茶屋

溶岩茶屋へ到着です。

積もった火山灰

積りに積もった火山灰に、車輪をとられます。

休憩が似合う男

随分と上まで登って来たものです。おかげで素晴らしい眺め。

海辺の龍神

そしてまたもや福島さんのオススメ。龍神露天風呂です。

龍神露天風呂

 梅&僕:「ぬおっっ、こっ、混浴!?」

凄い根っこ

若いカップルたちに気を取られながら入湯。冷え切った身体が温まります。もう言葉が出ません。最高です。

最高の眺め

日が傾き始めた時刻。本当に素晴らしい湯と眺めでした。

大爆発

さぁ、ゆっくりもしていられません。早めに切り上げて帰路についたその瞬間。すぐそばに雷が落ちたかと思うくらいのモノ凄い爆音!近所のお婆さんも様子を見に出て来るくらい。「あんたたち運がいいねぇ」と。まさに大爆発でした。

噴火が似合う男

この男は何をやっても絵になる!

登り龍

見てください。龍頭のように見えるこの噴煙。桜島の龍神が、僕らを歓迎してくれているに違いありません。ありがとう!最高だ!

ガッツポーズ

そしてフェリーが見えたあたりからラストスパート。出港直前のフェリーに飛び乗りガッツポーズ。桜島を制覇したぞ!ママチャリで。でも不思議と、このママチャリに愛着が湧いてくる。一緒に走ってくれてありがとう。

帰りのフェリーで

そして、どちらかともなく「今度はうどんを喰おう」と。せっかく福島さんオススメなんだもの。

天玉うどん

いやマジでうどんも美味。五杯喰いたい。店員さんに聞くと、七種類の素材を使って出汁をとっているとか。これ本当に美味い。

さようなら~

桜島を満喫。梅ちゃん一緒に走れて本当に楽しかった。ありがとう!また絶対に来ると誓わずにいられなかった、素晴らしいツーリングでした。

スポンサーサイト

忙しい人。

2012.02.25 (Sat)


昨日は夜中まで桜島の報告ブログを書いていたんだけど、あともう少しってところでフリーズ。更新データが全部消えて一気に萎える。

講義準備

今日は午前中に用事を済ませてから、来週の講義準備に時間を費やしています。夕方から妻がいないので、早めに片付けて子供たちの面倒を見ないと。明日は土俵作りの練習。確定申告やら新規の相続案件もあって週明けも相変わらずバタバタだろうし、出来ればこの週末に自分の確定申告くらいは目途つけておきたいよなぁ。

とぼやいていると、Facebookからシェア情報。ぐぅの音も出ない名言ですな。

『忙しい人』と『仕事ができる人』の違い

僕はいちいち『忙しい人』なのだと素直に納得。まずは段取りに時間をかけようか。ということでちょっと息抜きでした~。

鹿児島の出会い。

2012.02.20 (Mon)


土曜日の早朝に朝霞を発ち鹿児島入り。そして翌日曜日は、鹿児島の仲間たちと共にもんじゅミーティングを行って参りました。

今回は嬉しいことに、本当に久々にオトナ役としてグループセッションに参加。真剣勝負に入り込んでいたので、全体的な様子は以下からどうぞ。

キラキラもんじゅ 鹿児島もんじゅinリレット


施設で暮らすということ。~It's my job to keep care professional~
鹿児島もんじゅミーティング当日。


ネットで結ぶ教室と現場T&T(パートⅠ) もんじゅ:模索される多様な学びの方法

鹿児島もんじゅ怜也さん

数多く重ねてきたもんじゅミーティングの中でも、今回の会場は特に最高!松村先輩が助けてくださったとのことでした。マスター、リレットさん、ありがとう!

Jazz Spot リレット

司会の大平怜也さん。怜也さんをはじめ多くの鹿児島の仲間たちが、今回のもんじゅミーティングを大成功に導いてくれました!本当に本当にありがとう!!松村先輩の歌は次回の楽しみに…。

リレット

まずはおなじみ梅澤伸嘉!NPOもんじゅ副代表として、皆さんとの出会いとつながりに感謝を伝え、会場のテンションを上げていきます。真骨頂ですな。

もんじゅ梅澤副代表

その後はミーティングの説明からセッションへと流れていくのですが、僕はグループCでオトナ役。毎回設営側で人数調整のため外れることが多かったんだけど、今回は参加できて本当に良かった。沢山の課題に直面し、自分のありたい姿を探り、自分の中から生まれる一歩を信じて真剣にジャブを送ります。そしてコドモ役が絞り出したカウンターパンチにノックアウト。素晴らしいアクションプランが誕生しました!

江口さん。古瀬さん。彼女の今後が気になりますでしょ?あのアクションプランは、僕の仕事でも活かしてみようと思っています。最大の関心事は彼女のアクションの結果です。それなりの時間はかかると思いますけど、きっと良い結果に繋がると信じています。フォローをお願いしますね!また連絡ください。

マスターの演奏

ホッと息をつくと、隣ではマスターの生演奏。とろけちゃう。

チームB

こちらのミーティングも終わりましたかな。発表が楽しみです。

チームA

こちらは梅ちゃんナンパ中。のグループ。皆さん始まった時と表情が違います。

チームA発表

チームB発表

チームC発表

3チームのコドモ役が、それぞれ自らのアクションプランを宣言!

僕らが信じているのは、「答えは自分の中にある」ということ。だから、もんじゅミーティングでは対話を諦めません。オトナ役はトコトン向き合い、しつこく突っ込み、コドモ役は自分が持てる全てを絞り尽くします。だからこそ感じることが出来る達成感。楽しさ。未来への期待。本気のミーティングをやってみなきゃ分からない。多くの人たちに体験して欲しいです。

梅澤副代表の締め

皆さん本当にありがとうございました。また来ますよ鹿児島。(^^)v

西郷隆盛像

何と帰りは森さんのビーエム!ワーゲン!会場から空港まで送ってくださいました。お休みなのに本当にありがとうございました!!車から見えた天文館の西郷隆盛像。空港のじゃなくて、こっちがホンモノだそうです。桜島を見つめています。

自転車でギュウギュウ

帰りの車中。僕の自転車に押し潰される梅澤副代表。空港に到着したのは、荷物を預けるタイムリミット20分前ちょうど。格安航空会社を選んだから、搭乗手続きが一番奥(泣)。梅ちゃんに荷物を預け、自転車持って空港内を端から端まで猛ダッシュ。

係員:「もう締め切りました。もしかしたらお預かりできないかも知れません。」

僕:「ハァハァハァ…すっすみません。もし無理なら手荷物で持ちこみます。」

係員:「そ、それは出来ません!」

僕:「そこを何とか(涙)。この自転車を置いて帰る訳には…。」

係員:「…。」

すると奥から「大丈夫です!急いでどうぞ!」との声が。嗚呼、助かりました。

自転車を預ける

…ちょ、ちょっと待て。お前自転車持っていったのか?というソコの貴方。当たり前だろ?ただ行くだけじゃMOTTAINAI。当然、桜島に戦いを挑んで来ました。マジで凄かった!それはまた時間のある時にアップするから。乞うご期待。

鹿児島空港と桜島

鹿児島で出会った皆さん。最高でした!鹿児島の魅力満載の二日間。梅ちゃんも僕も鹿児島が大好きになりました!また会いましょう!

去年の走り納め。

2012.02.12 (Sun)


自転車の手入れをしていて、すっかり忘れていたことに気付く。ごめーん土井さん。去年の走り納めとなった佐原ツーリングの写真、アップします。

エキス注入

出発前には、韓国産高級高麗ニンジンエキスを補給。

印旛沼サイクリングロード入口

こちらも通行止め

震災の影響でどこも通行止め。利根川までは一般道中心のツーリングになりました。

地震の爪跡

印旛沼のサイクリングロード、目茶苦茶だったな。ショックです。

佐原の街並み

船橋を出て三時間、無事に佐原へ到着。佐原の街並みって、何度来ても素敵です。

黒切りそば

真っ黒

味はともかく量が少ない。あと5人前は喰いたい。

暴風

とにかく風が強い一日。牛たちも寒そう。行きはよいよい、帰りは苦行。

身体を温める

死にそうなくらい身体が冷えて、カップラーメンで身体を温める。

夕暮れ

綺麗な夕暮れに、一瞬だけ疲れを忘れます。

往復140kmくらい。暴風の中、本当に過酷なツーリングとなりました。来月は船橋と犬吠岬の往復コースですか。200kmを超える距離だから、このぶよぶよなお腹を何とかしておかないとですな。

二極化。

2012.02.10 (Fri)


なんて言ったら良いのかなぁ。最近、二極化が進んでいるように感じることが多い。いや、勝ち負けとかの話じゃなくって、介護業界に携わる人たちのモチベーションのことです。

この業界に携わるようになって10年を超える訳ですが、業界を担う同世代の元気なアクションには目を見張ります。それだけじゃない。介護そのものを科学的に捉え、専門性を追求し、自らの実践を振り返りながら次代へ積み重ねる。仲間たちの高いモチベーションに接すると、ワクワク感を共有できる訳です。そのアクションの先には、きっと素敵な変革があるはず。

でもこれって別に壮大な話じゃない。身近な話ですよ。目の前の課題に対して、自分たちに何ができるか。共に悩み、アイデアを出し合い、行動を起こし、成果が生まれる。こういう時のチームの力って、凄いよなと思う。素敵な仲間たちに救われたり、気付かされたり、元気を貰ったり…。人を支えることと自分が支えられることって、きっと一緒なんだろうなぁと感じます。

一方、年を重ねる毎に増えてるよなと思うのが、モチベーションの低い人。例えば、新たな課題に対して次の一手が必要な時。そのために走り回ることって多いけど、この狭い地域にいても、何とか力になりたいと身を乗り出してくれる人ばっかりじゃありません。事業所の都合ばかりで苦笑いだけの人、かったるそうな人、後ずさりしていく人。いろいろだ。

利用者のため、地域のため、事業者のためと思う一言も、そんな人たちににとってはまさに余計な一言。僕みたいな面倒な人とは、仕事しにくいだろうな。その顔を見ていれば分かるよ。そして、僕のモチベーションは一気に下がる訳です。

いやいや、僕のモチベーションの話じゃない。みんなが感じている閉塞感。その背景にある問題は様々で、中には自分だけじゃどうしようもないことだってあるだろう。そうなると、目を背けたくもなる。人のせいにしちゃう。考えるのを止めてしまう。その方が楽だもんな。

でも仕事ってさ。楽をしていちゃ楽しくやれないでしょ。

仕事を楽しくするのもつまらなくするのも、結局は自分次第。自分が変われば色んなことが変わるんだよ。人の人生に関わる素晴らしい仕事なのだから、この業界で働く人たちには楽しい仕事をして欲しい。僕はそう願っています。

鹿児島もんじゅ

今年もやります。まずは鹿児島もんじゅから。ryyohrさんヨロシク!

 | HOME |  »

ひとこと

田原 亮

Author:田原 亮


ゆい生活法務事務所 公式ブログ
「チャリギョ!」へようこそ。
タイトルはただのパクリです(笑)。
楽しみながら更新したいと思います。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。