FC2ブログ

チャリギョ!

「チャリンコ」行政書士の事件簿

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄のみんなへ。

2011.08.03 (Wed)


思えば3月の大震災、そして福島原子力発電所の大事故。更なる大地震や放射線への不安から決めた沖縄行きでした。国のやることメディアの言うことは相変わらず目茶苦茶だから、一時は年単位の移住も考えたくらいです。

でも、父親がいないのを良いことに、長女のワガママっぷりは段々とヒートアップ。全く言うことを聞かなくなった娘に妻も追い詰められ、もうこれ以上皆さんへ迷惑はかけられないという連絡が。あの娘は父親が一緒じゃないと…という妻の意見通り、7月いっぱいで朝霞へ戻ることを決めました。

昨夜も地震があったし心配は尽きないけど、それ以外は口に入るものだけ気を付けておけば大丈夫だ。子どもたちの健康や将来より、目先の損得勘定ばかりの酷い世の中だからな。今までのように何も気にしないという訳にはいかないから、その辺は何度も夫婦で話し合っています。兎にも角にも、慣れない環境で子どもたちを支え続けてくれた妻には頭が上がりません。しかし随分と太っch(以下省略)

先週末は、妻と娘を迎えに沖縄へ。お世話になったおばぁと伯父さん夫婦。従兄弟とその家族。近所に住む親類や友人宅にもお礼のご挨拶に行って参りました。最終日には足を延ばして母方の親類宅にも。土日だったので小学校、保育園、公文、英語塾には挨拶に伺えなかったけど、8月から朝霞での生活が始まる娘たちに、皆さんから心温まるエールを沢山いただいたそうです。思い出の品は宝物だね。沖縄の海とも暫くお別れだから、約束通り合間をみて連れて行きました。

伊計ビーチとも暫くお別れ

方言も分からず、当初は「日本に帰りたい」と漏らしていた長女。でも、大勢の親類の子どもたちに囲まれて、何も気にせず田舎の空気と太陽の下ではつらつと過ごした日々は、娘たちにとって良い経験になりました。よく頑張ったな。今ではクラスメイトを引っ張る存在だそうで、カチャーシーも上手に踊ります。自分には沖縄の血が流れていて、沖縄には沢山の親類や友達がいる。娘たちのこれからの人生、いつまでも忘れないで欲しいなと思います。

はとこ勢ぞろい

お別れの日の朝。本家には共に過ごした「はとこ」たちが集まってくれました。皆さんの温かい心に助けて貰ったこの数ヵ月。感謝の気持ちでいっぱいです。娘たちが沖縄を忘れないように、たまには連れて帰ります。本当に本当にお世話になりました。おばぁも伯父さんも伯母さんも、どうぞご自愛ください。

…涙、涙の別れの後。しんみりとした車中で、暫くすると妻の携帯が鳴ります。

 従兄弟:「亮のカバンか?忘れ物してるぞ!」

で、とんぼ返り。危ね~。飛行機に乗れないトコだった(笑)。ま、僕のウッカリは今に始まったことじゃないからな。一転して大爆笑に包まれたお別れとなりました。また来るからね。ありがとう!

 | HOME | 

ひとこと

田原 亮

Author:田原 亮


ゆい生活法務事務所 公式ブログ
「チャリギョ!」へようこそ。
タイトルはただのパクリです(笑)。
楽しみながら更新したいと思います。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。