FC2ブログ

チャリギョ!

「チャリンコ」行政書士の事件簿

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯を大切に。

2011.09.02 (Fri)


今月来月と、あちこちから講師としてお招きいただいているのに加え、今月末からは大学での講義もスタートします。それなのにモチベーションが上がらないのは、前歯を折ったからだな。治療には暫く時間がかかりそうだけど、仮歯が入っただけで少しホッとしました。歯が抜けたままだとさ…(涙)。

皆さん。もし歯が折れたら、そのまま口の中に折れた歯を入れっぱなしにして歯医者へGOだよ!歯も乾いちゃえばただの異物。乾かさずに持っていけば、もしかしたらくっつくかも知れないんだって。( ..)φメモメモ。90へぇ

さて、ちょっと興味があって、成年後見人の解任と効果について整理します。

成年後見人の解任。い、一体何があったんだろう…って思いますな。実際に病気や転居などによって、辞任許可審判を申立るケースはよく見聞きします。専門職後見人の場合であれば、後見事務に空白が生じないように、各専門職団体と家裁とで連携して対応することになります。

でも、辞任と解任は違うよな。民法はどう定めているでしょうか。

第844条(後見人の辞任)
 後見人は、正当な事由があるときは、家庭裁判所の許可を得て、その任務を辞することができる。

第845条(辞任した後見人による新たな後見人の選任の請求)
 後見人がその任務を辞したことによって新たに後見人を選任する必要が生じたときは、その後見人は、遅滞なく新たな後見人の選任を家庭裁判所に請求しなければならない。


正当な事由っていうのは、前述した通りです。それ以外にも、身上監護や財産管理をめぐって被後見人や親族と不和が生じている場合なんてのも正当事由に該当するようです。ちなみに正当な「理由」と「事由」ってのもまた意味が違うんだけど、それはまた今度。

第846条(後見人の解任)
 後見人に不正な行為、著しい不行跡その他後見の任務に適しない事由があるときは、家庭裁判所は、後見監督人、被後見人若しくはその親族若しくは検察官の請求により又は職権で、これを解任することができる。


こっちは解任な訳だから、強烈です。解任事由として条文に明記されているのは、

 ①不正な行為
 ②著しい不行跡
 ③その他後見の任務に適しない事由

の3点です。①と②は③の例示的なものだから、要するに後見の任務に適しない程度のものであるかどうかを基準として判断される訳ですな。ふむふむ。

判例を調べてみるものの、圧倒的に未成年後見人のものが多い。慎重審理で選任した後見人を解任する訳だから、それに対して抗告して争いになるってのはよっぽどだ。事件の内容を見ても、そんなことしちゃイカンだろ!ってのばっか。金が絡m(略)

請求権者からの請求でも職権解任であっても、犯罪行為が認められる場合は直ちに解任させられることになりますが、それ以外のケースであれば家裁から一定の指導があるのが通常で、それでも従わない場合に解任されるという流れのようです。是正指導だけでなく、職権による場合は辞任勧告も行われるそうな。

そして知っておかなければならないことがもうひとつ。解任による効果がどう波及していくかということです。

第847条(後見人の欠格事由)
 次に掲げる者は、後見人となることができない。
  1.未成年者
  2.家庭裁判所で免ぜられた法定代理人、保佐人又は補助人
  3.破産者
  4.被後見人に対して訴訟をし、又はした者並びにその配偶者及び直系血族
  5.行方の知れない者


我が国の民法においては、裁判所で免ぜられた、つまり解任させられた場合、金輪際後見人になることは出来ません。復権規定もありませんので、生涯に渡って後見人に就職することは出来なくなる訳です。

ちなみに、「法定代理人、保佐人又は補助人」と書いてあって、成年後見人とは書いていません。この法定代理人ってのが曲者ですな。もちろん成年後見人も法定代理人ですが、本人が未成年者の場合の親権者をはじめとして、財産管理人、相続財産管理人、遺言執行者、破産管財人、特別代理人など、裁判所が選任した代理人も当然に法定代理人となります。

遺言執行者は相続人の代理人とみなされるものの、相続人ではなく被相続人の意志で選任する訳ですから、裁判所に選任された場合でなくとも一種の法定代理人であると言えます。拙事務所でも遺言執行まで引き受けていますが、もし何らかのトラブルがあって解任請求を受け、万が一にも解任させられてしまった場合、僕は生涯、成年後見活動が出来なくなる可能性がある訳です。失敗しない遺言執行のために、あらゆる角度から慎重に検討を重ねるのはそのためですな。

ここまで掘り下げると、法定代理人という職務がどれだけ責任の重いものなのかが、改めてお分かりいただけると思います。前歯を折っている場合じゃないんです。

皆さんも歯は大切に…(なんじゃそのオチは)

 | HOME | 

ひとこと

田原 亮

Author:田原 亮


ゆい生活法務事務所 公式ブログ
「チャリギョ!」へようこそ。
タイトルはただのパクリです(笑)。
楽しみながら更新したいと思います。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。