FC2ブログ

チャリギョ!

「チャリンコ」行政書士の事件簿

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍神の歓迎。

2012.02.27 (Mon)


埼玉の西郷隆盛と言われるようになった田原です。人物のことではありません。この体型と弛んだ横顔です。伸び縮みが激しいと評判です。変幻自在です。

さて、桜島一周の思い出を写真で紹介。

梅ちゃんと怜也さん

粉雪が舞う鹿児島。空港で僕らを迎えてくれた怜也さん。鹿児島市までの車中で作戦会議。ホテルに着いたらレンタサイクルを借りて、ロードバイクとレンタサイクルを交互に乗る。助け合いながら一周を目指す作戦です。

ホテルのお姉さんに聞いたレンタサイクルショップへ行くと、タッチの差でマウンテンバイクが貸し出されてしまい、レンタル出来たのがコレ。↓

桜島を前に

ママチャリ。似合うなぁ。桜島を背にパチリ。

フェリーの1階から

無理やり自転車でエレベーターに乗り、2階のフェリー乗り場へ。すると、係員が飛び出してくる。「自転車は1階から!下に回って乗って!」と、なぜここに自転車を持った二人がいるのか怪訝そうな感じ。だって知らなかったんだもん。ぎゅうぎゅうに入る車列の横をゲット。観光バスまで乗船してきます。

海が似合う男

何ともまぁ。海が似合う爽やかな梅ちゃん。

天玉そば

鹿児島の福島さんオススメ!フェリーにはそば&うどんを食すことが出来ます。「うどんがおいしい」と福島さんから聞いていたけど、そば派の僕らは天玉そばを注文。いやはや、これは出汁が最高ですな。三杯喰いたい。

フェリー最上階

フェリーの上に上がると、あっという間に桜島が近づいてきます。どうやら雨の心配は無さそうだけど、午前中は小雪舞う空。とにかく寒い。

怪しい男

火山灰対策で持ってきたサングラスを梅ちゃんに貸すと、急にハードボイルドな感じに変身。悪そ~。でもママチャリ。

自転車交替

桜島を見ながらちょっと走ってみる。道端に溜まっている火山灰に乗り上げなければ問題なさそう。そしていよいよ梅澤伸嘉ロード初体験です。ペダルはトゥクリップに替えてあるので、初心者でも大丈夫。片手で持ち上がる程の軽さに驚いております。ギアチェンジも色々試して、徐々に慣れていきました。

そして最初の難関。延々と続く長い上り坂。「負けてたまるかぁ!!」と叫ぶ僕は、例のママチャリで奮闘。

グロッキー

何とか足もつかずに、大声で励まし合いながら上まで登り切ります。二人とも既にぐったり。自転車乗りがマゾだっていうことが良く分かった…と梅ちゃん。

最初の坂を制覇

坂を登り切ったところでやっと休憩。

 僕:「どう?ロードだと坂道も楽でしょ?」

 梅:「ママチャリより全然楽だけど、やっぱロードでもキツイっす!」

・・・そうかぁ。この時点で僕は、ママチャリで桜島を一周する覚悟を決める。後から分かったことだけど、桜島のアップダウンは結構凄い。いつかまた、今度はロードで一周タイムアタックしてみたいなぁ。

ちなみにメーターでは一周約36km。リレットのマスター曰く、溶岩道路が出来る前はもうちょっとアップダウンが続いたのだとか。そっちの道も確かまだ走れるから、次回の楽しみにとっておきます。

噴火が見えてきた

だいぶ進んだ頃、ふと横を見ると、何と桜島から煙がもうもうと噴き上げているではありませんか。圧巻の光景に二人は心を鷲掴みにされました。

避難壕

昭和溶岩地帯から。あっちこっちに避難壕が設けられているのが印象的でした。爆発時の噴石がいつ飛んでくるか分からないですものね。避けようもなさそうだけど。

埋没鳥居

そしてこちらは埋没鳥居

大正三年大噴火

ここらで丁度半分くらい来たのかな。

噴火の瞬間

更に坂道を進んでいくと、目の前の噴火口の様子が何だか変。次の瞬間、真っ黒な煙が噴き出し、直後に地響きのような爆発音が。坂道を登って来た疲れなんて一気に吹き飛び、急いで自転車を停めます。

圧倒

スゲー大迫力。年間1,000回近く噴火を起こしているから、運がいいと見られるかも知れないよ…と聞いていたので、二人とも大興奮でした。

溶岩道路

ここ溶岩道路は、風向き的に灰が舞い、口の中がジャリジャリ。

溶岩茶屋

溶岩茶屋へ到着です。

積もった火山灰

積りに積もった火山灰に、車輪をとられます。

休憩が似合う男

随分と上まで登って来たものです。おかげで素晴らしい眺め。

海辺の龍神

そしてまたもや福島さんのオススメ。龍神露天風呂です。

龍神露天風呂

 梅&僕:「ぬおっっ、こっ、混浴!?」

凄い根っこ

若いカップルたちに気を取られながら入湯。冷え切った身体が温まります。もう言葉が出ません。最高です。

最高の眺め

日が傾き始めた時刻。本当に素晴らしい湯と眺めでした。

大爆発

さぁ、ゆっくりもしていられません。早めに切り上げて帰路についたその瞬間。すぐそばに雷が落ちたかと思うくらいのモノ凄い爆音!近所のお婆さんも様子を見に出て来るくらい。「あんたたち運がいいねぇ」と。まさに大爆発でした。

噴火が似合う男

この男は何をやっても絵になる!

登り龍

見てください。龍頭のように見えるこの噴煙。桜島の龍神が、僕らを歓迎してくれているに違いありません。ありがとう!最高だ!

ガッツポーズ

そしてフェリーが見えたあたりからラストスパート。出港直前のフェリーに飛び乗りガッツポーズ。桜島を制覇したぞ!ママチャリで。でも不思議と、このママチャリに愛着が湧いてくる。一緒に走ってくれてありがとう。

帰りのフェリーで

そして、どちらかともなく「今度はうどんを喰おう」と。せっかく福島さんオススメなんだもの。

天玉うどん

いやマジでうどんも美味。五杯喰いたい。店員さんに聞くと、七種類の素材を使って出汁をとっているとか。これ本当に美味い。

さようなら~

桜島を満喫。梅ちゃん一緒に走れて本当に楽しかった。ありがとう!また絶対に来ると誓わずにいられなかった、素晴らしいツーリングでした。

 | HOME | 

ひとこと

田原 亮

Author:田原 亮


ゆい生活法務事務所 公式ブログ
「チャリギョ!」へようこそ。
タイトルはただのパクリです(笑)。
楽しみながら更新したいと思います。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。